行ってみたい

http://find-travel.jp/article/7167

青ヶ島は東京にある秘島。謎に包まれた絶景の島へ行こう!

78390

行ってみたい。

島には船で入る方法とヘリコプターで入る方法があるそうですが、ヘリだったら上空から見えるからいいですね。

いくのに1日がかりになってしまうものの、それもまた楽しそうです。

********
6/20
朝:ゆでたまご
昼:ゆでたまご、サラダ、キャベツ
夜:スタイルフリー、鯖の水煮、ビーフジャーキー
体重:93.75kg
********

ポケモンと肉と自転車

良い事思いついた!

財布「余計なことを思いつかないで酒飲んで寝てろ。」

いやいや、本当にいいことなんですよ。前に運動したら食べても太らない話をしたじゃないですか。自転車で秋葉原まで行く運動すれば、肉食べてもいいんじゃないですかね?

財布「いや、秋葉原程度では運動にならんだろ。」

弱虫ペダルの主人公は、秋葉原に自転車で通い続けることで強靱な筋肉を鍛えたんですよ!

財布「漫画か。」

肉を食べたいので自転車で行きます。

財布「勝手にしろ」

Gopr0188

西日暮里に着きました。さて、ここから秋葉原まで行くぞ!秋葉原でポケモンを買ったら、肉を食べるんだ・・・。

財布「太るぞ」

運動すれば太らないはず!さて行くとするか・・・うわっ、頭痛が・・・!

財布「何頭痛だと?これは大変だ。何も買わずにすぐに家に帰るんだ!」

ああ、秋葉原までの道順を思い出せない。

財布「お前、この前『秋葉原は自宅も同然』的なこと言ってなかったか?」

頭痛が!そうだ。山手線沿いに自転車を走らせれば秋葉原に着くはず。

財布「まあそうだけど。」

レッツ山手線。

Gopr0190Gopr0191Gopr0193Gopr0194

山手線沿いに来たけど、まだつかないな。

財布「なるほど、そういうネタなのね。」

Gopr0196Gopr0197Gopr0198Gopr0201

財布「おまわりさん!腕にGoproを着けた不審者がここに居ます!」

Gopr0202Gopr0206Gopr0209Gopr0212

原宿から南はあまり来た事が無い。

Gopr0214Gopr0216Gopr0218Gopr0219

秋葉原はまだか。

Gopr0220Gopr0222

ここまで来ると見慣れた感じ。なんせここには

Gopr0223

ポケモンセンタートウキョウがありますから!

・・・ん?何か忘れてる気がする。

Gopr0224Gopr0226Gopr0228

東京駅・・・。あと2駅か

Gopr0230Gopr0232

ついにたどり着いた!山手線沿いを走ればいつかは到達できるんだ!

財布「電池交換1回でたどり着けた。山に登ったとき、休憩時に交換していけば十分電池はもちそう。あとは、手ぶれしないようにうまく撮る練習だな。」

Gopr0236

発売記念ということで、ヨドバシの前にピカ様がいらっしゃいました。そして、この腕にはめるカメラの欠点として、手持ちのものの写真を撮る事が困難だということです。シャッターは右手で押さないといけませんし。幸い、GoProが超広角なので親指をうまく使う事でなんとか撮る事が出来ました。

目的は達成したので帰りましょう。

財布「まあここまで来たなら最後までやっていけ」

そうですね。

Gopr0239Gopr0242

普段は、上野駅は通らず上野公園を通って谷中霊園に抜けるルートをとるのですが

Gopr0244

鶯谷を経由して

Gopr0247Gopr0248

ということでなんだかんだ言って山手線一周してしまいました。バンザイ。

さ、帰りに肉を買って帰るか。

財布「まて、一つ忘れてないか?」

いえ、忘れてませんけど?

財布「全ての駅の写真を撮ろうや。」

はいはい。素通りしてしまいましたよ。

Gopr0251

********
11/22
朝:カロリーメイト
夜:鶏のもも肉600g、ハンバーグx2、ワイン
体重:95.8kg
ジム:×
*********

酒は太る。

やまのぼり

連休初日、山に登ってきました。ダイエットもしたし、ちゃんと穿けるし!

P1090079

目的地は越前岳。久しぶりなので体力が持つかどうか心配ですが・・・。

P1090081

駐車場から撮った富士山の写真。ここからでもキレイですが、上から撮るとまたキレイに撮れるんだろうな。

最初は階段のようなものが整備されていて軽く登っていきます。まさか帰りにこの階段が辛くなるとは・・・。

P1090084

良い天気ですね。

P1090093

階段も終わってだんだん山道っぽくなってきました。それでもまだまだ緩やかな道です。

P1090117

少し歩くと歩きにくい道になってきました。ここからが本番か。

P1090122

道のようなところが自然に崩れていたりします。街中でこんな道があったら大問題ですけど、山ですからね。落ちても死ぬことはないでしょうが、危険なことには変わりありません。

歩くこと2時間ほど。

P1090133

頂上に到着。意外と体力ものこっていて、まだまだ上れそうでした。

ちょっと先に

P1090150

こんなのがあったり。当時は木が生えていなかったのでしょうかね。

食事を摂ってあとは帰るだけ。まあ下りだから楽勝でしょう・・・と思ったのですが。

登るときは気にならなかったのですが、降りるときは体重を支えるために膝に負担がかかりますよね。それが断続的にかかるわけですから、半分もいかないうちに膝が笑い始めました。わっはっは。。

何度も尻餅をつきつつ、景色の良いところまで降りてきた時に富士山の写真を撮りました。

P1090249

キレイですね。来て良かった。

そして、最後に残ってるのが階段です。

P1090259

膝が死ぬwww

階段がこんなにきついなんて。最後の力を振り絞って降りきりました。次は膝を鍛えておこう。

********
5/3
朝:ごはん、目玉焼き
昼:ハヤシライス、カップラーメン(山)
夜:鶏肉とか。
体重:**.*kg
ジム:×
**********

小田原への道 後編

1時間オーバーしたものの、まだ12時前です。遅れを取り戻すべく走り始めます。

P1040801_4

すぐに横浜駅に到着。

ここからいつも道に迷いますが、なんとか国一沿いに出て次の目標である戸塚を目指します。訳あって大船に寄りたいのでこのようなルートで進みます。

Photo

ここから坂道になり辛いところですが、箱根よりはマシと思ってがんばろうと思ったのですが、なんかおかしい・・・。暑いのもありますが、気分も悪い。水を飲んでも改善しない・・・。これは熱中症!?

ここで喫茶店などで少し休めば良かったのでしょうが、思いが至らず一生懸命こぎ続けます。

なんとか戸塚に到着。

P1040802

そういえば、前回この場所で転んだんだ・・・。

前回は東海道を下っていきましたが、ここから川沿いを自転車で走ります。本来は快適なサイクリングなんでしょうが、熱中症でヤバくてふらふらです。

P1040803

なんとか大船に到着。しかし、ここでギブアップしました。

P1040805

熱中症は知識では知っていましたが、普段暑い中運動しないため、なめていましたね。夏は怖い。

三島まで冷房の効いた電車に乗ったおかげで、三島に着いた頃にはだいぶ体調は回復しましたが、夏の運動は大変だということだけわかりました。

秋になったら、今回のルートで戸塚ー大船ー江ノ島ー湘南沿いー小田原を走ってみようと思いました。

**********
8/12
朝:鮭など
昼:鯖味噌定食
夜:ビールとかカレー
体重:****kg
ジム:×
*********

小田原への道 前編

新幹線で帰る予定だったのに、なぜか自転車になってしまいました。今回は箱根は超えないのでそれほど大変ではないと思いますが、夏の暑さはどうでしょうね。

自宅を出発します。今回はGoProにて動画を撮りながら進む予定です。

7時30分に出発しましたが、まだそれほど暑くないので快適です。昼間は暑いという予報でしたのでもっと早く出発したかったのですが、いろいろと作業に手間取りました。

最初のポイントである品川駅前に到着です。ここで水分を補給しました。あまり飲み過ぎてはよくないと思い、時間を見ながら水分補給しようと考えていましたが、これが失敗の原因だったのかも知れません。

ここでGoProの電池が切れてることに気がつきました。1時間半しかもたないのか?予備を持ってきてますが、なんとなく嫌な予感がします。

前回は少し遠回りして横浜まで行きましたが、今回はちゃんと道を調べて最短距離で進みました。予定より1時間も早く着いたと喜んでいたのですが、事件は横浜駅手前で起きました。

嫌な予感がして自転車を止めてみると・・・

P1040792

パンクしてる・・・。こんなこともあるかとは思ってましたが、初めてのパンク修理が襲ってきました。パンク修理と言っても、穴をふさぐわけではなくチューブを交換します。やり方は以前に自転車屋で作業してるのを見ていたのでたぶん大丈夫だとは思いますが。

パンクの具合を確かめようと調べているとパンクしている箇所を発見しました。

P1040794P1040795

なんと木ねじが刺さっていました。スポーツ自転車は多少のことではパンクしませんが、さすがにこんなものが刺さってはどうしようもありません。

P1040796

中のチューブを外す際に、タイヤを外さないと行けないことに気がつきました。あたりまえですが・・・。しかし、実は後輪を外したことがなく、出来れば外したくない。
そうだ!切断しよう!ナイスアイディア!

P1040797


さっそく目の前のコンビニでカッターを買って見事切断。さて、新しいチューブをはめようと思ったら

あ・・・、はめるには後輪を外さないとだめじゃん。カッターを買った意味って・・・。また無駄な買い物をしてしまった・・・。

財布「呼んだ?」

呼んでません。

とりあえず車輪を外して、外側のタイヤを工具を使って外します。で、チューブを抜いて、新しいチューブに変えるだけなのですが、新しいチューブを入れるのに一苦労。コツがあるのでしょう。学んでおけば良かった・・・。

とにかく、20分くらいかけてなんとか詰め込んでようやく空気を入れました。が、なにやら変な音が。空気が抜けてる・・・?外してみるとやっぱり開いてます。元々開いてたのか、作業中に開けてしまったのか不明ですが、とにかく開いています。

泣く泣くチューブを外して、もう一つの予備のチューブと入れ替えます。前と同じ時間を掛けてようやく取り付け完了。今回は穴もあいてないようで空気が入りました。空気入れは持ち運び可能な小さい物ですが、圧力計がついてないので、どこまで入れていいのかわかりません。

なんとか自分の感覚を信じて空気を入れ、ゴミをまとめて修理終了。目の前のコンビニで少し早めの昼食を摂り、再出発しました。

続く

**********
8/11
朝:カロリーメイト
昼:菓子パン
夜:ビールとかいろいろ
体重:****kg
ジム:×
*********

荒川沿いを

20130506_115625

風は強かったけどすごく良い天気でした。連休中、遠くまで行く予定でしたが、結局自転車には乗らなかったので最終日くらいは乗っておきましょう。

20130506_124312

いつもの荒川。これを川沿いに下っていこうというのが今日の趣旨です。

序盤は良かったのですが、向かい風が強くて辛い道のりとなりました。坂道を登ってるのかと思うほどのスピードしか出ません。

途中で土手の上に移動して

20130506_131214

こんなところを通りつつ

20130506_131839

こんなところを走りつつ

20130506_132605

こんなところを横目に走った先には

20130506_134225

20130506_134331

ついに到着。ゴール地点!

キョリ測で調べると

20130506

片道25kmくらいの旅でした。風さえなければどうってこと無い距離なのですが、えらく疲れました。ちなみに、帰りは追い風を受けて快適そのものでした。行きを街中を走るルートにして、帰りに川沿いを走れば快適だったかも知れませんね。今度はそんなルートでも走ってみましょう。

さて、今回もちろん帰ってきてからこれを書いているのですが、非常に疲れています。でも、距離的には向かい風があったとはいえ、箱根越えはいざしらず横浜往復の合計100kmの半分です。それでここまで疲れているのは運動不足なのかもしれません。

ダイエット関係無くジムを再検討しようかなと思いました。

**********
5/6
昼:メキシコ料理?
夜:ビスケット的な物、ビールx2
体重:94.0kg
**********

自転車の旅

その日は久しぶりに夢を見ました。・・・交通事故に遭う夢を。車に軽く当たっただけなので怪我はないのですが、なぜか自転車がめちゃくちゃに。これって夢じゃないのか?と思った瞬間に目覚めました。夢でよかった。

外を見ると雨は上がっています。夢で交通事故に遭うということは、これは注意して行けという意味ではないか?ということで

-- 6:44 出発

01


地面は濡れていますが、雨は降らなそうなので出発します。とりあえず目指すは小田原で、行って帰ってきます。箱根は・・・雨も降ったし路面も凍結してるでしょう。真冬だから無理ですわ。小田原まで行くだけでも大冒険ですよね。往復したら200kmくらいの移動になりますし。出発して5分後いきなりカラスに襲われている鳩を発見。交通事故の夢といい、鳩といいなんだろうこの不安。

-- 7:24 (40分) 上野付近

03

朝だけあって道が空いてます。走りやすい。この先で朝食を摂ります。体が欲する物ということで甘いパン。

04

-- 7:44 (60分) 東京駅付近

05_4

順調に進んでいたのですが、ここでトラブルが。歩道の誘導ブロックにタイヤを取られて転びそうになります。というか、壁に激突しました。前輪の方向がまがるトラブル。それは元に戻りましたが細いタイヤなのでこういうこともあります。今までは濡れてるときには走らなかったので少し油断していましたね。安全運転してたつもりなのですが更に注意が必要なようです。

-- 8:29 (1時間45分) 品川付近~

06

箱根駅伝の際の交通規制のお知らせがでています。これを見ながら進めば小田原までいけるんじゃね?と思いその通りに進んでいったのですが・・・

07

どこかで道を間違えたらしい。

08

まあ、とにかく南下していけば大丈夫でしょ。

-- 9:44 (3時間) 横浜

09

ついに横浜に到着。何か違う?しかし、ここまでは順調でした。やはり自転車がいいから楽でしたね。小田原だって余裕でしょう。

10

しかし、この横浜駅、自転車でどうやって東口に抜ければいいのだろう・・・。大きく回り道してなんとか東側に抜けて更に南下していきます。

11


ルートはまっすぐです。

-- 10:24 (3時間40分) 保土ヶ谷付近

12

箱根駅伝で言えば2区あたりでしょうか。坂が多くて少しひるみます。しかし、さすがに自転車が違う。この程度の坂ならなんとかなります。余裕じゃん。少し油断があったのでしょうか。

-- 11:00 (4時間16分) 戸塚駅前

ここで少し駅前を見てみようと駅の方に移動しようと思った時・・・転びました。今度は微妙な段差にタイヤが取られて完全に転倒したのです。自転車にはダメージは無さそうですが、ジーンズに穴が開いて右手も少し痛めました。そんなにスピードを出していたわけでも、濡れていたわけでもないのですが、これは完全に油断していました。ロードバイクが歩道を走らない訳が分かった気がします。

-- 11:44 (5時間) 茅ヶ崎

13

少し東海道を離れて南下していきます。すると・・・

14

海!!!!
ついに海に出ました。
東海道沿いより海沿いの方が高低差が無く走りやすいかなと考えてこのルートに。

15

見渡す限り海は感動しました。時間があればここでゆっくりしていきたいところですが、帰りにでもよればいいと走り始めます。が、ここでトラブル発生。というか発見?
前に転んだときのせいでしょうか、ギアずれてます。下から2番目のギアに入れると一番下に入り、一番下のギアに入れると車輪にこすります。とりあえず、ずれているだけなので一番下に入れないように走ればなんとかなりますが、暗い気持ちで走ります。

海岸線はサイクリングロードになっていて快適に走れる・・・かと思いきや、地面に石が埋め込んでありあまりスピードを出せません。自転車はトラブルを抱えているし、ケツは痛いし、手も痛いし困ったものです。

-- 12:44 (6時間) 平塚付近

16

平塚を過ぎてから昼食にしました。

17

味噌ラーメンをメインに据えているだけあって、味噌ラーメンのおいしいラーメン屋でした。
http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140408/14010691/

-- 13:57 (7時間13分) 小田原

18

そしてついに小田原に到着しました。7時間かかりましたが、前の自転車とは違い走りやすく快適な旅でした。転んだけど。とりあえずここから帰るのは大変ですが、時間を掛けてゆっくりと帰りましょう。

もしいつかロードバイクを買ったら箱根にチャレンジしようかなと思いました。

20

お土産にかまぼこでも買っていこうかな。

帰りはトラブルが無ければいいな。

???「バカヤローーーーーーーーーーー」

 

え?誰ですか?

???「元気があれば何でもできる」

いや、もう疲れましたよ。なんせここまで

21

107km走ったんですから。

???「あきらめるのかコノヤロー」

あきらめるって、元々ここで折り返す予定ですし。っていうかあんた誰?

???「この道を行けば どうなるものか」

19

まあ箱根を超えれば三島にたどり着くとは思いますけど・・・

???「危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし」

でも、時間もアレだし、疲れてるし・・・

???「踏み出せば その一足が道となり その一足が道となる」

・・・

???「迷わず行けよ 行けばわかるさ」

なん・・だと・・?

???「1!!!!!!!!!!!!!」

???「2!!!!!!!!!!!!!」

???「3!!!!!!!!!!!!!」

???&俺「ダーーーー」

22

 

 

 

 

23

はっ・・・夢か。

なんか夢に変な人が出てきた気がするけどなんだったんだろう。

それはともかく、ここから帰るわけだけど、本当に帰っていいのだろうか。何となく箱根を超えなければイケナイ気がしてきたな。

やる気が出てきた!ありがとうイスラム教の人

地図を確認します。

24

海岸沿いを走ってきたのですが、海岸沿いだけでも箱根の道の長さを超えてるように見えます。戻るよりもむしろ箱根を超えた方が楽かも。芦ノ湖まで行ければあとは下りだし、なんとか登り切れれば体力の心配はしなくて済みそうです。元気があれば何でもできるし。危ぶめば道はないし。

・・・なんか変な思考が紛れ込んでますが、とにかくここまで来たら行くしかないと思い箱根越えの決意をしました。しかし、その前に近くで自転車屋を探してギアを修理。意外と簡単に治ってよかった。そしてついでに「秘密兵器」も入手しいざ出発。

-- 15:00 再出発

25

ファミレスで軽く調べたところ、箱根越えのルートはいくつか有るようですが、自転車なら箱根駅伝のルートが一番簡単なようです。距離的にはそれほどでもないし、ここまで走れたんだからいけるでしょ・・・と軽く考えていました。

26

車ならここで左に曲がると近いようですが、自転車では厳しいようですね。

-- 15:28 (28分) 箱根湯本到着

27

観光客がいっぱいいます。ちなみにここに書いてる時間は撮った写真の時間を元にしています。メモする代わりに写真を撮って記録しておきました。スマホはgoogle mapを見たり写真を撮ったりと大活躍でした。特にgoogle mapは必須ですね。

-- 16:02 (1時間2分) 大平台

28

最初は余裕だった坂道もこのあたりでは辛くなってきました。体力的な意味で。

29

帽子を脱いだら湯気が立つレベルで体が熱くなっていました。こまめに地図を見てどれだけ進んだか、あとどれくらい進めば着くのか、それだけが楽しみで自転車をこぎ続けます。

30

坂がきつすぎで歩いたり乗ったり。

-- 16:32 (1時間32分) 小涌谷付近

32

近道!なんとすばらしい言葉。これは利用せざるを得ない。自転車全否定状態になるほど疲れていました。

34

完全に歩行者用の道を進みます。

35

そして、この風景。これは箱根駅伝で見たことある。

もう半分くらいは上ったかな。と思ったら

36

12kmもあるのか・・・。マジで?

-- 16:57 (1時間57分) 小涌谷 コンビニ

https://maps.google.co.jp/maps?q=35%C2%B014'24.4%22N,+139%C2%B03'0.4419%22E&hl=ja&ie=UTF8&ll=35.239312,139.047746&spn=0.001768,0.004128&sll=35.142933,139.369812&sspn=0.21954,0.228653&brcurrent=3,0x6019a20d5c75fc33:0xda9c98685258ba20,0&t=m&z=19

ここで休憩しました。本当は日が出ているうちに芦ノ湖までたどり着く予定でしたが、

37

なぜか薄暗くなってきました。大丈夫か?今日のために、別のライトを付けてきたのが役に立ちました。とにかく芦ノ湖目指して頑張ろう。

38

もう暗いし、坂道は続くし、さっきまでは暑かったはずなのに寒くなってきたし。まだ18時前だよ?

しかし、ついに待望のアレが!

そう下り坂です。おおおおおお
もう漕がなくていいのかああああああ

そして

39

感動。箱根駅伝を走る選手もこんな気持ちなのかと思いました。うれしすぎます。

40

もう暗すぎてまともに写真が撮れませんが、とにかく到着。

41

次は明るい内に来たいな!とかうきうきで考えてました。だって、この先は下り坂ばかりですし。もう漕がなくていいし。下り坂は楽

 

 

 

 

 

と、この時は思っていました。幸せな時間帯でした。

-- 18:16 (3時間11分) 芦ノ湖出発

42

お土産に寄せ木細工の箱を買いました。
土産物屋の人と話をすると不思議なことを言われました。
俺「この先は下りばかりだから気が楽ですよ」
店「ああ、まあちょっと(手をくねらせて)こうありますけどね。あと路面が凍結してなければいいですけどね。」
どういうこと?下りじゃないの?雨も止んだしもう地面も乾いてるんじゃないの?凍結?

まあよく分からないけど鳥居の写真を撮ってさあ出発!

・・・なぜ登り?出発してすぐに上り坂です。まあちょっとくらいは上ることもある・・・ずっと?なぜ?

43

しかも、道ばたには雪が残ってるし、路面凍結を心配する気持ちもわかります。
あとで分かったのですが、この先に箱根峠があります。峠と言うからには峠までは上るわけで最後のがんばりを要求されました。しかも、ここから先はこれまで有った電灯もなく真っ暗な道が続きます。怖すぎる。路面凍結してたらどうなるの?

44

峠から写真を撮りました。良い風景ですが町の明かりは遠いようです。真っ暗な中、この先が不安でたまりません。しかし、下りになればすぐに三島にたどり着ける・・・それが最後の希望だったのです。

-- 18:32 (3時間32分) 箱根峠付近

後で見てみるとたった15分程度しか経ってないのですが、ものすごい達成感がありました。暗い道を走るのは怖いです。自転車のライト程度では足りません。とはいえ箱根峠も越えここからは下りですしもう漕がなくていいんだな・・・。

・・・?

暗い?

下り?

凍結?

45

ぎゃああああああああああああああ怖ええええええええええええええええええええええ

もちろんブレーキは掛けてるけど、周りが見えないのでスピードが倍以上の感覚です。しかも、もし路面が凍結していたら絶対滑って転ぶし、転んだら崖から落ちそうだし、車にはひかれるし。さらに、寒さで指先が麻痺してきました。これ、ブレーキ握れなくなったらどうなるのおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお?

普通の道なら端を走って(※だじゃれではありません)後ろからの車をやり過ごしますが、この道で端を走る(※だじゃれではありません)のは怖すぎるので止まるほどブレーキを掛けてとにかくやり過ごします。

46

所々に、車のブレーキが壊れた時のための緊急避難所がありますが、ここで一休みするのが唯一の安らぎでした。ああ、まだ俺生きてる。

48

三島の明かりがだんだん近づいてくるのはわかりますが、こっちは命がけです。これまで箱根前半は「辛い」と思ってましたが、後半は「怖い」に変わっています。生きて帰りたい。本気でそう思っていました。

しかし、途中でラーメン屋を見つけるとふと思い出しました。あれ?ここ見たことある。そういえば、以前に箱根を上ろうとしたときに、ここを通ったことがある。つまり、ゴールは近いのでは?希望が出てきました。

-- 19:18 (4時間18分)

47

生きて帰ってきたぞおおおおおおおおおおおおおおおおおお
生きてて良かったあああああああああああああああああああ

涙が出そうになりました。

結局、実家に着いたのが19:50。箱根越えスタートから4時間50分後でした。

合計13時間6分。意外と時間は掛かってないようですが、箱根の4時間はそれまでの7時間と比べものにならないくらい濃密な時間でした。

小田原までが通勤自転車だとすると、箱根の登りはスポーツジムのエアロバイク(途中で中止不可)で、下りはジェットコースター(ただし安全性の保証なし)でした。

箱根を上るなら明るい内に。心からそう思いました。

**********
12/30
朝:ソーセージとか
昼:カレーとナン
夜:焼き鳥とか
体重:?kg
ジム:×
**********

明日は・・・

20121229

雨です。こりゃだめ・・・か?

いや、確かに夜は雨が降っていたし、深夜12時を過ぎても降ってはいたが、朝上がっていれば問題ないはず。

朝起きて雨が降っていなければ決行ということで。

**********
12/28
朝:モーニング
昼:カロリーメイト
夜:肉、ワイン
体重:89.6kg
ジム:×
**********

しかし、こんなことならワインは止めておけばよかった・・・。

小田原旅行

年末、箱根を超えるのは難しそうですが、何もしないというのも悲しいので、小田原まで行って引き返してこようかと思います。それでも往復200km近くあるわけで、大冒険には違いないと思います。

しかし、問題が一つ。日程的に決行日は土曜日なのですが

http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/13/4410.html

雨が降りそうです。大晦日まで待つと連休中に帰省できなくなりますし、かといって雨の中自転車漕いだら死んでしまいます。

安全第一ということで、今週の金曜日の夜の時点で、土曜日の降水確率が30%以下しか無ければ、決行したいと思います。もしダメなら1月中に早めにチャレンジしようと思います。

**********
12/25
朝:モーニング
昼:ラーメン
夜:カロリーメイト
体重:91.8kg
ジム:○
**********

自転車の前にまずは体重を戻さないと。だらけすぎ。

あまりにもうるさすぎるから

土曜日の朝、今日はゆっくり休んで鋭気を養い、明日は自転車でダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ

あれです。今住んでるところが外壁工事ということでうるさいのは承知していましたが、さすがに壁の向こう側でやられるとまともに生活できません。つーか、朝っぱらから勘弁してください。

あまりのうるささに、仕方がないので自転車で散歩に出かけることに。

自宅を9:45に出発。

P1030504

秋葉原に10:45(1時間)到着。意外と早くつきました。さらに南下します。このあたりは何度か通っているのでなんとなく道もわかります。

P1030506

不思議なもので、普段電車移動ばかりしていると、道のつながりがまったく分からず、この道をまっすぐ行くとどこに出るかは地図を見ないとわかりません。

P1030508 

南下を続けて11:25(1時間40分)に品川に到着。朝は曇っていたのに、このあたりからやたら暑くなり水分を補給します。そういえば朝食も摂ってないということで、パンを1つ補給。

ここからさらに南下しますがとにかく道沿いをまっすぐ進みました。

P1030511

川をいくつか越えて、そして

P1030512

横浜到着!!

財布「もっとまともな写真は無いのかよ」

P1030514

へいへい。これでいいんでしょ。13:34(3時間49分)と意外と早く着きましたね。同じ50キロですが、前と違って平坦な道でしかも道幅が広いため走りやすかったです。

で、せっかくここまで来たから、もう少し先まで行きました。

P1030523

山下公園到着。

財布「だから、まともな(ry」

P1030517

これでいいんでしょ。まったく。

海風を受けながら休憩するも、一人でベンチに座ってもどうしようもないので、早々に立ち去ります。

P1030528

帰りにラーメンを食べたのですが、下調べをしてなかったので適当にはいりました。このラーメン、味はたいしたことないのですが、海苔の良さを初めて知りました。今までラーメンの海苔は何のためにはいっているのかわからなかったのですが、ここの海苔はスープに浸すとどろどろになり海苔の風味が味わえました。これはいいね。それだけだけど。

P1030530

帰りは来た道をそのまま逆戻りしました。

もう疲れすぎて早く帰りたい気持ちでいっぱいだったためか、

P1030540

なんかこの風景を見たとき、自宅にたどり着いたかのような気持ちになりました。

結局、家に着いたのが19:15(9時間30分)長旅でした。

今回思ったのは、やはり自転車の重さです。ロードやクロスなどちゃんとした自転車がほしいなと思いました。走っていると、そういう自転車に乗ってる人を見かけるのですが、その人達は常に車道を走ります。そして、車道の信号に従い、どんなに広い歩道があっても車道で待機します。ロードやクロスならそういうのもありでしょう。

そろそろ次の自転車を考えようかな。

**********
7/14
朝:パン
昼:ラーメン
夜:ビール、胸肉、ミックスベジタブル
体重:96.0kg
ジム:×
**********