« 富士山 2日目 | トップページ | 翻訳 »

富士山 感想と反省

全体を通しての感想から。

1. 外国人が多かった

アジア系だけではなく西洋人も多かった印象です。むしろ、日本人の方が少なかったかも。そしてかなり軽装だったのが印象的でした。まあ、頂上までは行かないのかもしれませんけどね。

2. 思ってたより急登だった

だらだら坂道を上り続けるというようなことを聞いていましたが、手を使わないと登れないような場所もあったりと意外と急な上り坂が多かったように思いました。ちょっと舐めてた。

3. 空気が薄い

8合目を過ぎたあたりから、早く息切れをするようになったような気がします。これまでは高くても3000mくらいだったので、それより上は初体験でした。

4. 下りは段差ではなく坂道

今回はこれに救われたかも知れません。下りの道はブルドーザーで均してるのか、段差がある階段ではなく坂道でした。これが岩だらけの段差や階段だったらきっと下山までに足が萎えていたに違いないと思いました。

5. 山小屋の商品の値段が違う

同じ商品でも場所によって値段が違います。普通は高くなるにつれて値段も高くなる物ですが、上のほうが安い場合がありました。山小屋間の競争もあるのかもしれません。

そして反省。

1. 体力不足

いろいろありましたが言い訳はしません。運動不足だったと思います。8合目以降は体力さえあればもう少し動けたように思います。

2. ビール

深夜頭痛で目が覚めた原因が単に高山病なのか、夜飲んだビールなのかハッキリと断言はできませんが、酒は控えるべきだったかも。最近気がついたのですが、自分は実は酒に強くないのではないかと思ってたりします。環境が変わると体調が悪くなるデリケートなところもあったりするので、少しでも体調を崩す原因となることは避けるべきでした。

3. 山小屋の位置

今回は同行者に子供がいたので仕方が無かったのですが、もし次回別のメンバーで登るとしたら、8合目あたりに宿を取った方がいいかと思いました。1日目はスケジュールに余裕があり、5合目を13時30分に出発しても16時くらいには到着してしまいました。時間も無駄だし、出発がもう少し早ければ十分8合目まで行けたと思います。2日目に早く出発すれば、頂上で多く時間を取れてお鉢巡りなども出来ます。

今回少し良かった点

1. 下山時に足が萎えなかった

もうここ何回かは山にサポーターを持って行っています。今回も2日目にはふくらはぎサポーターをつけていましたが、問題無く下って来れました。これからも自信をもって山に行けます。

2. 準備は十分出来た

体力はともかく、知識的な準備については十分出来たと思います。駐車場からバスの時刻や山小屋の情報、ルート、コースタイムなど過不足無く準備が出来ていたと思います。これは今後にも活かせそうです。

そして全体の感想

これは同行者とも話をしていて見解の一致を見ました。

良い思い出になりました。ただし、もう二度と登らないけどね。

それほど高く無い山に登ってお昼をゆっくり取って休む方が楽しいなと思いました。

********
8/1
朝:おにぎりx2、ファミチキ
昼:ファミレスでハンバーグ
夜:ビール、鴨肉、肉野菜炒め風?
体重:102.4kg
********

 

と思ったのですが・・・

|V).。oO(そういえば剣が峰は登れてないな

|V).。oO(お鉢巡りも出来てない

|V).。oO(高山病で苦しんだけど、高山病じゃなければもっと楽しかったのではないか?

|V).。oO(酒さえ飲まなければもしかして高山病にならなかった?

|V).。oO(いつかもう一度くらいは。。。

« 富士山 2日目 | トップページ | 翻訳 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士山 2日目 | トップページ | 翻訳 »