« 任天堂の岩田社長が55歳で死去 | トップページ | 安保反対!! »

恥ずかしいと思わないの?

 日が落ちれば少しは涼しくなるだろうという目算は外れた。国会正門前の熱気はただごとではなく、汗が噴き出す。
一昨日の午後7時半。安保関連法案に反対する大規模な抗議行動が始まった▼催したのは都内の大学生らによる
「SEALDs(シールズ)」だ。日本語では「自由と民主主義のための学生緊急行動」。会場の歩道を埋め尽くす顔には
高齢者も子連れの家族も。「若者がんばれじゃなくて、全世代で集まれよ!」。彼らの呼びかけ通りの壮観である
▼「勝手に決めるな。憲法守れ」。激しいコールが国権の最高機関の堅牢な建築にこだまする。法案は憲法違反と
多くの専門家が指摘しても、政権与党は耳を貸さず、近く採決の構えを見せる。抗議行動への参加者は増え続ける
▼勝手に決めるな。それは、決めるのは私たち、主権者は私たちだという叫びである。投票だけが国民の仕事ではない。
時の政権に常に目を光らせ、必要なら声を上げる。その声を軽んじる現政権に対し、「国民なめんな」のコールが起こるのは当然だろう
▼哲学者の柄谷行人(からたにこうじん)さんは以前、3・11後の反原発デモに触れ、「人がデモをする社会」という
文章を書いた。人々が主権者である社会は、選挙によってではなく、デモによってもたらされる、と。その流れは枯れることなく今に続く
▼国会前に立ちながら、目配せという言葉をふと思い浮かべた。「危ないね」という思いを伝え合う、それぞれの目配せ。
このさりげない連帯は強まりこそすれ、と感じる。

----

選挙じゃなくてデモで決まるのか。じゃ選挙ってなんだよ。つーか、こんなこと言ってて恥ずかしくないの?

----

http://www.asahi.com/articles/ASH766755H76UCVL043.html

 「多数決」は民主的な決め方とされてきたが、その問題点をとらえ直そうとする漫画や評論の刊行が相次いでいる。
折しも、安全保障関連法案は週内にも衆議院で採決される公算大だ。
異なる意見を取り入れながら物事を決めるにはどうしたらいいのか。

----

自分たちが不利だからって多数派の意見をないがしろにしようとする。やり方がせこいんだよ。

集団的自衛権に反対してる連中は、「韓国が北朝鮮に侵略されてズタボロになったとき、時日本は見殺しにしていいのかどうか」答えろよ。

そして、朝日を取ってる連中もよく考えてくれ。本当にこの記事の内容でいいのかどうか。

********
7/14
朝:ゆでたまご
昼:サラダ、ゆでたまご、焼き鳥、MEGAフランク
夜:ブロッコリー、カリフラワー、胸肉
体重:98.3kg
********

« 任天堂の岩田社長が55歳で死去 | トップページ | 安保反対!! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 任天堂の岩田社長が55歳で死去 | トップページ | 安保反対!! »