« 中国人の衛生観念って・・・ | トップページ | あーたのしかったなぁ »

リベリアでエボラに感染した2人、米国に帰国へ

http://www.cnn.co.jp/world/35051709.html?tag=top;subStory

(CNN) 西アフリカのリベリアでエボラ出血熱に感染した米国人2人を帰国させるため、米国がチャーターした医療機が7月31日、米ジョージア州を出発した。関係者がCNNに明らかにした。
米テキサス州出身のケント・ブラントリー医師(33)とナンシー・ライトボルさんは、リベリアで患者の治療に当たっていてエボラ出血熱に感染した。2人がいつ米国に到着するのかは不明。同機の着陸予定地も分かっていない。ただ、少なくとも1人は米アトランタの疾病対策センター(CDC)本部に近いエモリー大学病院に入院する予定だという。

--

今さらだけど、エボラ出血熱について調べる。

--

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9C%E3%83%A9%E5%87%BA%E8%A1%80%E7%86%B1

エボラ出血熱(エボラしゅっけつねつ、Ebola hemorrhagic fever)は、フィロウイルス科エボラウイルス属ウイルスを病原体とする急性ウイルス性感染症出血熱の一つ。「エボラ」の名は発病者の出た地域に流れる川の名から命名された。

--

ウィルスで感染する病気と。

--

「エボラ出血熱」の恐怖が知られるようになってから30年以上が経つが、これまでの死者数は1,590人(2012年12月現在)で、これは今日でも年間数十万人を超える死者を出しているマラリアやコレラと比較しても格段に少ない。

--

怖そうな病気だけど、確かに少ないですね。

--

症状の激しさや致死率の高さの一方で、「他人に感染する前に感染者が死に至るため、蔓延しにくい」という側面もあり、その恐怖は映画や小説で描かれたイメージや、「致死率90%」という数字により誇張されているとの指摘もある

--

・・・。

--

エボラ出血熱ウイルスに対するワクチン、ならびに、エボラ出血熱感染症に対して有効かつ直接的な治療法は確立されていない。

--

かかったらおしまいなわけですね。

日本で流行らないことを祈るけど、潜伏期間が7日間ということで飛行機で持ち帰る可能性もありますね・・・。

********
8/1
朝:モーニング
昼:うどん、サラダ、たまご
夜:ビール、豆腐、キャベツ、ビーフジャーキー
体重:102.5kg
ジム:×
**********

« 中国人の衛生観念って・・・ | トップページ | あーたのしかったなぁ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国人の衛生観念って・・・ | トップページ | あーたのしかったなぁ »