« なぜJ-POPが売れないか? | トップページ | 有効なお札 »

日展書道「篆刻」、入選を事前配分 有力会派で独占

http://www.asahi.com/articles/TKY201310290515.html?ref=com_top6_1st
【沢伸也、田内康介】日本美術界で権威のある日展の「書」で、有力会派に入選数を事前に割り振る不正が行われたことが朝日新聞の調べで分かった。毎年1万人以上が
応募する国内最大の公募美術展への信頼が揺らぐのは必至だ。

日展には日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5科がある。1万円を払えば誰でも応募でき、入選すれば展示される。今年度は11月1日から国立新美術館(東京・六本木)
で開催される。1万3919点の応募があり、7割が書だ。

書には漢字、かな、調和体、篆刻(てんこく)の4部門がある。朝日新聞は、石材などに文字を彫る「篆刻」の2009年度の審査を巡り、当時の篆刻担当の審査員が有力会派
幹部に送った会派別入選数の配分表と、手紙を入手した。配分表には有力8会派ごとの応募数と入選数が直筆で記され、過去5年分の会派別の応募数と入選数の一覧も
添えられていた。

手紙は審査員が入選者公表前の10月15日に書いたもので、「今年は昨年度の会派別入選数厳守の指示が日展顧問(本文は実名)より審査主任に伝達され、これに従った
決定となりました」とし、配分表通りに入選数を決めたと説明している。日展顧問(89)は書道界の重鎮で日本芸術院会員。審査主任は書の4部門全体の審査責任者で、当
時は日展常務理事だった。

日展審査員が有力会派幹部に送った手紙と会派別入選数の一覧表
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20131030000715.html

2009年度の日展「書」の不正審査の構図
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20131030000716.htmlAs20131030000715_comm

--

写真に写ってるのがその不正の手紙だそうですが、さすがに書の不正だけあってうまいですね・・・。そしてなんて書いてあるのかわかりません。

**********
10/30
朝:菓子パンx2
昼:ミラノサンド
夜:ビスケット、ヨーグルト
体重:96.0kg
ジム:×
*********

« なぜJ-POPが売れないか? | トップページ | 有効なお札 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜJ-POPが売れないか? | トップページ | 有効なお札 »