« ジム生活再始動 | トップページ | 体中が痛い »

ひどい裁判

痴漢:起訴の男性、罰金40万円判決 被告側、控訴方針 /東京
毎日新聞 2013年05月09日 地方版

 2011年12月、三鷹市内を走行中の路線バス車内で女子高生に痴漢行為をしたとして、都迷惑防止条例違反に問われた同市立中教諭の津山正義被告(29)に対し、地裁立川支部(倉沢千巌(ちいわ)裁判官)は8日、罰金40万円(求刑・同)の有罪判決を言い渡した。津山被告は控訴する方針。

 判決などによると、津山被告は11年12月22日午後9時半ごろ、路線バス車内で女子高生(当時17歳)の尻をスカートの上から手で触るなどした。津山被告は停留所で降車後に取り押さえられたが「リュックがぶつかっただけ」と無罪を主張していた。

 倉沢裁判官は女子高生の主張を全面的に認め「痴漢は断続的に数回繰り返されており、(女子高生は)慎重に判断している」と指摘。津山被告は当時、右手で携帯電話のメール送受信をしていたが、「車載カメラの映像では左手の状況は不明。右手で携帯を操作しながら、左手で痴漢することは容易といえないが、不可能ともいえない」と無罪の主張を退けた。【林奈緒美】

--

器用な人ですな。ノールック痴漢とでも名付けましょうか。ちなみに、裁判の様子はこんな感じだったようです。

--

IKEZOE_Noriaki @ookaminami 5月8日
男性は右手でケータイを操作してメールを受信・作成・送信し、左手はつり革を握っており、
痴漢行為ができる状態ではなかった。その様子はバス車載カメラの映像に記録されており、
弁護団が時系列に沿って、こと細かに立証してみせた。

IKEZOE_Noriaki @ookaminami 5月8日
ところが判決は、「バス車内の立ち位置の映像と被害者供述の食い違いは、
さほど大したものではない」「勘違いがあっても不自然ではない」
「車載カメラの映像から痴漢行為が可能なのは3秒程度しかないと言うが、
それ以外の左手の状況は不明で、容易とは言えないが、不可能とか
著しく困難とは言えない」
https://twitter.com/ookaminami

--

もうむちゃくちゃですね。こんなんだから、こんな記事が生まれるんですよ。

--

http://president.jp/articles/-/9332

痴漢冤罪「この人です!」と騒がれたら、まず何をするか
(略)
まず、確率論から導き出される合理的な結論の1つに「その場から走って逃げる」というものがあります。
(略)

--

痴漢えん罪を防ぐ手段はないので、たとえ無実であってもとにかく逃げるしか無いということです。覚えておきます。

・・・いや、逃げられないだろうな。自分が悪くないのに逃げるなんて出来ないと思う。

**********
5/14
朝:モーニング
昼:サラダ、フランクフルト、サンドイッチ
夜:ビスケットなど
体重:95.0kg
*********

久しぶりだったためか、筋肉痛で体中が痛いです。運動も大事ですが食事も徐々に減らしていこうと思います。

« ジム生活再始動 | トップページ | 体中が痛い »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジム生活再始動 | トップページ | 体中が痛い »