« 最後のジム | トップページ | こんにゃく入り麻婆豆腐 »

ひどすぎる新聞

http://mainichi.jp/opinion/news/20130130ddm008070115000c.html

日本では外債購入による円安誘導政策を説いて回った人がいるが、ようやくその危険性に気づいて口をつぐんでしまった。米国は中国の人民元操作を批判することで、かろうじて対中経済外交のバランスを確保している。同盟国日本に汚い円安政策をされたのでは立場がなくなるのだ。

 日銀短観では日本の輸出企業の想定円レートは約79円である。もうそれを10円も上回っている。100円を要求する業界があるが、むさぼりではないか。

--

何度も書いてますが、100円は円安じゃないです。5年前は120円だったわけですから、それくらいまでは行ってもおかしくないのです。

なぜ円安で他国・・・というか、韓国が危機に陥るのかといえば当然今まで日本企業が死にかけていたのが息を吹き返すからであって、日本にとっては当然いいことなのです。逆に言えば、円高だったせいで日本企業はずっと苦しんできたわけです。だから、円安になったことはいいことなのですが、何がむさぼりなのかと。

というか、この新聞はどこの国の新聞であり、この新聞を取ってる人ってなんなの?朝日新聞だってここまではひどくないと思います。

早くつぶれないかな・・・。

**********
2/1
朝:肉まん
昼:肉まん
夜:ダイエットビスケット&ダイエットケア1袋ずつ
体重:89.4kg
**********

« 最後のジム | トップページ | こんにゃく入り麻婆豆腐 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最後のジム | トップページ | こんにゃく入り麻婆豆腐 »