« 新しいクロックムッシュ | トップページ | 久しぶりにビール »

なぜここまで・・・

http://www.asahi.com/national/update/0701/TKY201006300491.html

こんにゃくゼリーの窒息、重症率85% 消費者庁分析

こんにゃく入りゼリーによる子どもやお年寄りの窒息事故防止策を検討している消費者庁は30日、都市部を中心に2006~08年に救急搬送された約4千件の窒息事故のうち、同ゼリーが原因となった事故の85%が、命の危険がある「重症」以上だったとの分析結果をまとめた。餅やアメなど他の食品の「重症率」を大きく上回り、政府の食品安全委員会が「アメと同程度の事故頻度」としたリスク評価とは異なる実態が浮かび上がった。東京消防庁や政令指定都市の消防当局などからデータを集め、窒息事故4137件のうち原因食品がはっきりしている2414件を分析。その結果、同ゼリーによる事故は7件と件数は少ないものの、うち2件が「重症」、4件が命の危険が切迫している「重篤」だった。406件あった餅は重症・重篤・死亡の重症以上の事故が54%、アメ(256件)は1%だった。食品安全委は同ゼリーについて、1億人が一口食べた場合、2.8~5.9人が窒息死する恐れがあると推計。食品ごとの摂取量の差を踏まえると、餅(6.8~7.6人)には及ばず、アメ(1.0~2.7人)と同程度の事故頻度になるとした評価書をまとめ、6月10日に菅直人首相に答申した。

マスコミはなぜここまでこんにゃくゼリーを叩くのでしょう?重症率85%というとすごく高く感じますが、2414件のうちたった7件しか事故がないわけです。餅が406件、アメが256件もあったのに・・・です。

餅の方がはるかにやばいにも関わらず、なぜここまでこんにゃくゼリーばかり叩かれるのか不思議でなりません。

さて、このニュースのタイトルは「こんにゃくゼリーの窒息、重症率85% 消費者庁分析」。でも、現実は2414件のうち7件。いかにタイトルでだますかに全力をかけてるのでしょうか。

笑い話で、こんなのがあります。

  • 犯罪者の98%はパンを食べている。
  • パンを日常的に食べて育った子供の約半数は、テストが平均点以下である。
  • 暴力的犯罪の90%は、パンを食べてから24時間以内に起きている。
  • パンは中毒症状を引き起こす。被験者に最初はパンと水を与え、後に水だけを与える実験をすると、2日もしないうちにパンを異常にほしがる。
  • 新生児にパンを与えると、のどをつまらせて苦しがる。
  • 18世紀、どの家も各自でパンを焼いていた頃、平均寿命は50歳だった。
  • パンを食べるアメリカ人のほとんどは、重大な科学的事実と無意味な統計の区別がつかない。

どんなニュースでもまずは裏を読みましょう。

**********
7/1
朝:モーニング
昼:カロリーメイト
夜:カロリーメイト
重:86.0kg
**********

« 新しいクロックムッシュ | トップページ | 久しぶりにビール »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しいクロックムッシュ | トップページ | 久しぶりにビール »